読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベルフラワーの花束を。

 

読んでほしいとは思ってない、けど、どうしても留めておけなくて書きました。

 

髙橋颯くんへ。

 

19歳のお誕生日おめでとうございます。良い1年になりますように。そしてこれからあなたが思うがままに生きていけますように。

 

嵐の「君だけを想ってる」という曲に、私の好きなフレーズの1つがあります。

君に自慢できるような毎日じゃないけど

君だけを想ってること誇りに生きて

 

この2行、まるで私のことかな?って思うから。

 

私はほんとにダメダメなファンでした。私生活でもヲタ活でも。颯くんは意思が強いって分かってるのに大学進学しても続けてくれるものだと勝手に思ってたし、ハニバタ行くことは叶わなかったし、もっと早く録画機器を揃えられてたらもっと映像を手元に残せておけたのにって思ってるし、ファンレターの返信いらないって一方的に送り続けてきたけど、やっぱり住所書いときゃよかったなとか今になって思っちゃってる。悔いなく応援できた、一緒に駆け抜けてこれたって思う気持ちに嘘はないけれど。そして笑顔で送り出したいのに、もっともっとあなたの姿を見たかったって、踊って欲しい曲も歌って欲しい曲もあったって思っています。これらは全て私の気持ちの問題ですけどね。

 

自分に自信はない、けれど努力しようという気もあまり無い、そしていつまでもたらればに苛まれる私にとって、努力し続けていて自分で決断できる颯くんは眩しくて、凄い人です。ひたすら尊敬しています。素敵な考え方も、捉えどころが無いところも、踊りも、歌も、全てが大好きです。知っているだけでも色々なことがあったし、ファンが知らないところでも色々なことがあっただろうけれど、そしてまだ思い出にはしたくないしできないけれど、応援してきて本当に楽しかった。色々な感情を教えてくれた。たくさんの人と出会えた。本当にあなたは最高のアイドルであり、誇れる自担です。

 

あなたが私たちファンにくれた青春以上のものを返せていたのかは分かりません。ただ、アイドルをやって良かったと思っていてくれたら、そしてこれからもファンでいてもいいのなら、それ以上に嬉しいことはありません。どうか体に、そして悪い大人にだけは気を付けて。あなたの人生に幸あれ。