クリエD5/8昼公演覚え書き3

懐古しすぎてついにぱーと3。長すぎて忘れたよ!って遡ってくれる物好きな方が万一いたらとリンク貼ろうと頑張ったけど出来なかったのは秘密()

*愛のかたまり

みんな大好き愛かた。挑戦してきたことと出だしのピアノに驚いた(…とここまで書いて健人さんの影響かな?と思い当たった)スタンドマイクと艶やかな踊り。曲に負けてない似合う!と思いながら見ていた。後ろを向いたときタンクトップ着てるだろうけどぽんさんでもはだけたいお年頃なんだなぁ…って振り向いて裸!?え!?ぽんさんえ!?白いし腹筋割れてるしえ!?ととんでもない爆弾が落とされて混乱の内に終わっていった。前日はタンクトップ着てたみたいなのでぽんさんに何があったんだ←

*Rocking Party

藤北作詞のろきぱを選んでくるとこにものすごくれあむを感じる。絡みも(この回は)ほとんどない。踊りも個性が違う。けれど1曲の世界は完成されている。だかられあむは沼。あと何故かメモにあむモアイと残っている。もっと書くとこあった気もする。

*まだ見ぬ世界へ

りんねは颯くんとはまた違ったダンスの上手さでダンスの奥深さとみんな違ってみんな良い(小並感)

そんなダンス上手いりんねだからこそあえて言うのだが、しょりさんのソロなのでもっと0番感出してほしい…!あとしょりさんが着る赤ジャケットに似たものをせっかく探してきたんだからもっときらきら付けまくってあげたい持ってきたらやったげるのに!!!ってりんねにもモンペ発揮。

*LOVE CHASE

村木やる時はやる。かっこいい。えびさんの衣装好きだけどこの曲なら衣装とリストバンドもうちょい合うやつあっただろってこれまたモンペ発揮。

*GAME

入所からシンメのふたりだけど、あまりライバルタイプのシンメじゃないと思ってたからGAMEとは意外だった。向かい合わせから振り向く所などぴったりの位置でないとずれてしまう振り付けを合わせてきていたのでやはりシンメ尊い。

*T.A.B.O.O

もともとは嵐担なので単純にアガった。大胆にアレンジしていたけれどそのアレンジがまた良いし、ろきぱの時も思ったけどあむさんってこんなダンス上手かったっけ…?ってなった。決めるときは決めるあむさん。…なんか村木の時も書いたなこれ←

*It's Going Down!

ふうれあどちらもダンスも歌も表情も良かった1曲。数ある風磨ソロの中でこれを選んでくるとは思わなかった。けれど、改めて歌詞を見直してやるぞ、やっつけるというタイトルやそしてリリース当時のセクゾや自分たちの状況に思うところがあったのだと思う。

"夢を見ているような流れる瞬間抱いて流れる音の中今踏み出そう"

大サビはあれだけ激しく踊ってたのにここまで歌えるの…!という驚きと感情がこもっているところに、歌詞と相まって泣いた。歌割り誰が決めているのか知らないけれど、嶺亜さん大サビまるまる歌わせてくれてありがとう。ふたりはふうれあ! 

*Moonlight

天才3人での曲。Moonlightからのアクセントダンスの流れ本当に良かった…


*Shake it up!

ブレイクとアクロのダンス対決どちらもかっこよかった…颯くん見たことない動きしてたような。そしてそれからのフォーメーションというより並びが、2組のユニが並んでる感があってすごく好きだった。

*A・RA・SHI


振り付けがかなり変わっていた。JJLで、グループ名が曲になってるのが良い!って謎の理由で大プッシュしてた颯くんを思い出して嬉しかった。

*ぶつかっちゃうよ


颯くんとりんねでチーム武のム作ったりお立ち台もしたり、けれど最後はぶつかっちゃうよの振りを本気で踊るようにしたところ分かってる~~と悶えた。颯くんの小技とか仕草も可愛すぎて悶えた。

*Oh yeah!

キラキラした曲調にちょっと切ない歌詞でJr.に歌われたら泣く曲ナンバーワン(だと勝手に思っている)を本編ラストに持ってきた~~分かってる~~(2回目)

10人でシャッフルしてお立ち台に来たところも良かった。そして幕が下がり終わるまでみんな手を振ってくれたところも最後までアイドル。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

とここでツイート埋め込めなくなったので(!)まさかのまさかのぱーと4へ続く!()

クリエD 5/8昼公演覚え書き2- 蒼写真

前回(MC前Seven colorまで)の続きを書いていこうと思う。果たして書き終わるのか()

*MC

東京の地理が分かんないので日比谷から見えたビッグカメラだと安直に思った田舎者感満載のツイートと言うのは置いといて←

最初の天才3人だけのMC。初々しさ満載でちょっとぐだってんだけど可愛い。DKの雑談。(天才に可愛いしか言ってないあまあま←)

けれど何故ここまで甘々なのかと言うと話題を考えてたりとか客を楽しませなきゃ!って必死さが見えるのとほんとに楽しそうな所が良い空気作ってるからだ。

3人MCにて、3.14~での胸キュンを再びやる村木のハートの強さにめちゃくちゃ感心した…やっぱ村木。

そしてふうれあむも転校生の呼び込みで合流。颯くん出てきたとききぇぇぇぇぇってどうやって発声してんのか謎の声出しながら出てきた。怪鳥かと思ったら自担()

そして先輩颯くんも垣間見れた。見学のいじり(?)と言うより話の流れで自然に出てきたけれど前日の足の臭さのMCから差し入れ持ってきた見学の猪狩くんぐっじょぶ。慈英くんが挨拶に来た話から慈英くん意識に残りすぎてあむがバックの紹介に詰まってしまったのを(昨日から)名前言われて無いよ可哀想だよって名前言ってあげる颯くんも。

ぽんれあ。当時かなーりざわついたのを覚えている。真相(?)はぽんさんの待ち受けがぽんれあのツーショットで嶺亜様の部分だけ見た松倉が雑誌でそれを言っちゃって、また次の月から受験休みに入ったぽんさんは弁明の機会が無かった…だそうだ。

(ツーショット待ち受けのとこで1回引っかかったのは置いておく(小声))

地声で会話するまつくで遊ぶ同級生れあむとぽんさんを茶化す颯くんはとにかくDK具合が最高だった。そしてシンメがパニクるこのとき村木はふらふらと水飲みに言ってたよ最高←

颯くんのお誕生日話。題材良いのになんでこんな滑った?ってくらい滑っちゃった嶺亜様。自分は話上手くないからあむさんに話してくれって頼んでたのにいきなり振られたからもう!って嶺亜さんは話下手ってことすら中村嶺亜の一部にしちゃうさすが。2部でウケたようで何より。

また、MCの軸~発言が出たので自由人だな~あむの隣に行きたかったのかな?としか思ってなかった"席替え"は、天才をセンターに持ってきたり話を変えたりするために思われて、颯くんMC結構考えてたんだなとちょっと想像。

さてカウ颯。誕生日プレゼントがまさかのカウアンからのらいおんハート。そして泣く颯くん。なんだこりゃって颯担なのにちょい笑ってしまったけど自担が幸せならそれで良いよ!ってなった。

そして、MCを(りんねも誕生日近かったのに)颯くんのお誕生日で盛り上げてくれたりカウアン歌ったり…5人とスタッフさんには本当に、本当に感謝しかない。

さて楽器コーナー。俺もお客さんになるって椅子持ってきて見つめる颯くん。カウアンと嶺亜様の近さにちょっとびびった(小声)

りんねのサックスほんとに音が綺麗で、その前の宙船でりんねドラムもやっててりんねほんとなんでも出来る…ぽんさんも村木もほんと練習が見えて、MilkyWayが聞けて良かったクリエ入れて良かったって思った所の1つになった。

そして颯くんの独特のイントネーションのサクソフォーはテンション良く分かんなかったけど楽しそうで何より!そしてりんねありがとう!

プレゼントもらったからお返しするね~って始まった今を咲く花。雑誌で曲作ってるという近況が完成した~となってもまさか聞けるとは思わなかった。報告担当の贔屓目とかじゃないと信じたい会場があれだけ聞き入ったのだから。歌詞はどうしても颯くんのこのところの状況を抜きにしては語れないだろう。弱音を吐かない分歌詞も意味深。(2部で少し言及したようだが)

聴いた時はもう何も考えられないくらい衝撃だったのだが、幻聴で毎日聞くうちに()言葉選びとか歌詞の組み立て方が独特で颯くんらしいなと。ティーンの今しか書けないものを今の内にどんどん書いてもらいたいし、それが聴けることを願っている。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

NCだけでこんなに長文…まさかのぱーと3へ続く!()

クリエD 5/8昼公演覚え書き1

5/8、Dクリエ昼公演に縁あって連れていってもらった。個人的には颯くんのステージは1年半ぶり、颯くん自身も9ヵ月ぶり(!)そして颯くんの誕生日…そんな状況を抜きにしてもクリエDは最高だった。この4日間、1時になるとDクリエの幻聴が聞こえる。ってなわけで今度こそ本編についてまとめておこうと思う。私は「お前は3回目から話を盛りはじめる(by母)」タイプなので当日新幹線で颯担ふたりで必死に記憶を掘り起こして書いたメモ、当日のTwitter、思い出したことから書いておきたい。…ここまで書いて記憶違いとかあったら逆に凄い←

昼公演の円陣の掛け声が誰なのか結局分からず…けれど太めで男らしくて一気にテンション上がった…!幕が開いてスモーク焚かれたステージ見たらもうそこは異世界(まだ言う)

*キミアトラクション

いきなりキミアト…!天才だあなたたちってユニ名天才geniusだった← そして合いの手可愛いセリフもにゃんな徹底的嶺亜様さすが

*one in a million

カッコいい…!しか語彙力が無くなった。とにかくカッコいい。並びが好きだった。

*one for the win

颯くんテンション高いねぇ…!良かったねぇ…!ってなってたのと天才3人足ほっそ!折れないか心配…!って思ったのを覚えている。

*GUTS!

振り付けが大胆に変わってるけど誰か振り付けたんだろう…?とか思ってたらいつの間にか目の前の通路にお立ち台が出現していて混乱してたら手を振ってもらいましたふたりで崩れ落ちました(死)

嶺亜様の白さとピアスとあむの彫りの深さとあむがれいあさんを支えて行ったとこにまた死

ってGUTSでお立ち台あったよね…あれ?色々なレポ見ても書いてないんだが…手を振ってもらったことは真実…!(既に記憶が怪しいぞ←)

*YOLO moment

イントロかかっただけで条件反射で可愛い…!と言ってしまう曲。それにしてもほんとにみんな可愛かった…!

*THE D-MOTHION

ふうれあむって踊りバラバラなのにまとまってる…!とびっくりしたことと颯くんまた踊り上手くなった…!という驚きと同時に見逃すものかと必死に見てた。そして颯くんの嬉しそうな横顔も目に焼き付いている。

*LOVE YOU ONLY

フルコーラスのらぶゆーってそれだけでテンション上がるのにみなさんこまめに指差ししてくれること…!そして、みんな普通に(ここ重要)歌が上手い

*UMP~硝子の少年~sakura

この3曲メドレーでやろうと考えた人天才じゃなかろうか。結構低めなので意外に合う…

*yes!

椅子使っておぉ天才カッコいい!と思ってたらおもむろにサングラス掛ける村木。まじ村木。

*3.14

村木の移動(?)のステップがふんぞり返りすぎてコサックダンスかよwと思ってツボにはまったのと、胸キュン台詞で村木→りんね→ぽんさんの流れでぽんさん落としてくれ!きゃーって言う準備出来てるよー!…………あらま……

しかしそこに物凄く愛しさを感じた←

*Love is…

一瞬いきなりアカペラ?ここ?と思ったけどコンサートの場面が変わるきっかけが自担の歌声ということ、また自担の歌声にそれほどの力があることがこんなに感動することだとは。そして颯くんの指を鳴らす仕草良い。

*FILM

意外な選曲だし似合ってるし静まる客席もそうだしとにかく嶺亜様には嶺亜様…!と言うほか無いのだ。

*ハイティーンブギ

これまた意外な選曲。マイクスタンド投げるとことか男らしさだされてもう←

*We never give up!

バックに付いてくれた4人メイン。れあむがサイドで盛り上げていた。4人とも盛り上げてくれてダンス上手くてコーラスも上手くて最高だった。ツイートの通り汐音くんと陸くんと見分けつかなかったことが心残り。

そしてこのときの颯くん。楽しそうで何より。

*Party Don't Stop

りんねとぽんさんによるぱりどん。やっぱぱりどんはアガるノれる曲…颯担お馴染みぱりどんで軽く踊ってる颯くん見てちょっと嬉しかった。

*ムラリスト

村木とりんねさんによるムラリスト。村木だからの選曲なのかな…双眼鏡やらタンバリンやら小道具も効いててまたみんな楽しそうで選曲天才。そしてふうあむで楽しそうな颯くん何より。ぽんれあ見逃した…

*宙船

バンド形式なのだが自由に動けるふうあむが自由…。白い手でピアノ弾く嶺亜様にドラムも叩けるりんねにギター頑張るぽんれあに目が足りなかった

*Seven color

一緒に歌いましょう!って煽るあむさんにせぶんからーず難しくね?って思ったのは内緒。そしてグーを出し続ける颯くんがとても颯くんだった。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


まだまだ長くなるので次回へ続く…(次回で終わるのか?←)

初めてクリエに行った話。

私は髙橋颯担である。5年目になろうか。5/8に初めてクリエに入ってきた。
地方学生で5月のGW明けに休むなんてとんでもない!そもそもチケット取れねぇ!よってクリエは幻だ!と言うことで今まで全てのレポは幻だと思い込んでいたし、レポの載った雑誌を買い集めても現実感が無かった。今回縁あってクリエに連れていってもらったがクリエという存在が自分の中で現実になることが怖かった。新幹線で異常に心拍数が上がって苦しくなって着く前に死ぬんじゃなかろうかと思った。

とりあえず会場に着いた。チケットをもぎる入り口のお姉さんが、一番近い扉を瞬時に教えてくれたことに感動した。席に着いて近さに驚いた。映画館の1番小さなスクリーンくらいに感じた。近すぎてはしゃぎまくっていたがそこでふと気付く。なんか私たち浮いてない…?年齢とか田舎者とかそんな理由じゃない。皆様なんでそんなはしゃがないの…?こんな近いんだよ?あんな高倍率なんだよ…?これは当たり前のことなのかそうなのか。

そうこうしているうちに円陣が聞こえてきて(!)本編が始まった。
通路にJr.が降りる。お立ち台に登る…ってえ?お立ち台こんな近いの?え?ええええええ?と思っているうちにファンサもらう。もう良く分かんない。
(そもそも私はお立ち台の存在を知らなかった。10~11列の間にある通路に設置される動かないトロッコとでも言ったら良いだろうか) 
とにかく何をするにしても距離が近い。そしてセトリも尊敬する先輩の曲、好きと公言している曲、また驚くほど意外な曲。クリエでしか出来ない。クリエでしか見れない。まさに特別。

そんな最高の異世界にお邪魔して、私が躊躇なく行き来出来るようになるには応援のスタンス的にも環境的にもまだまだだと悟った。

…けれどまたクリエ行きたい。



(本編の感想書くつもりだったのに初めてのクリエでこんなに書くとは思わなかった)