読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよなら”あの日”

約1年前、私はこんな記事を書いた。

 

 

fufufuxyz.hatenablog.com

 初期セクバであった自担を応援してきたこと、それはすなわちSexyZoneを見守ってきたということ。この5年間、自担にもセクゾにも色々なことがあった。色々あったからこそ、1番美しく、そして楽しかったセクゾデビュー前後にとらわれたままだった。

 

 名古屋初日。

あまり仕事をしてくれない自名義とは思えないほどの良席。ちょっとだけ期待しながら自担の団扇を持ち、そしてちょっとだけどんな内容になるのか不安を抱えて会場へ向かった。そしてアリーナ構成を見て、彼らの本気を感じて喜んだ。終わってしばらく泣いていた。2つほど理由がある。

1つ目はあまりにも幸せすぎたから。ずっと見たかった景色が、コンサートがそこにあったから。輝きが今までと違ったから。(去年から少しずつ)やっと演出やセトリにやいやい言える時間が戻ってきたから。まだまだなんでそうなったって流れの箇所とか、特にslowjamはじゃぽの影響受けすぎだとか、でもレーザーの使い方がいいとか、映像がいいとか。あの演出にはあんな意図があるんだろうとかいやいや考えすぎだろうとか。超勝手にやいのやいの、そして、かっこよかったね、いいコンサートだったねと言いたかった。ずっと。やっと言えた。

2つ目は、直接的にはセクゾの話ではないけれど、自担がいなかったことで、いよいよ覚悟しなければならないなと感じた。(覚悟はしていたけれど、いざ突きつけられると辛すぎて情緒不安定になっているなうなのはまた別の話)

入る前から、たとえいないと分かっても自担の団扇を公演中持とうと決めていた。良席で何やってんだか、完全なる自己満足だと自分でも思わないでもないけれど、それが彼らを見てきた5年間の自分の姿だったから。コンサートのおかげで、セク鬱が吹っ飛んでくれたけれど、自分の中で美化されすぎていた初期セクゾセクバ像も吹っ飛んで、少し寂しかったのかもしれない。(セクゾの成立過程やセクバに大きく関わるかおるが退所したときには既に無くなっていたのだけれど)セクバをもう見ることはないのだという悲しみと寂しさもあった。

 STAGEは、感情と分析ゴコロの両方を満たしてくれる、そんなコンサートだった。

 

オーラス公演、入れなかったから自分の目では見れなかったけれど、薔薇をもったファンに包まれた空間は圧巻だっただろう。あの福岡の日から、私は彼らに何をして欲しいのか分からなかった。何事もなかったかのように笑っていてほしいわけでも、でも忘れてほしいわけでも、泣いてほしいわけでも、説明してほしいわけでもなかった。何を拗らせているのかすら分からなかった。けれど、ちびーずが涙を見せたと聞いて、ただただ良かったなと思えた。結局、彼らが輝いていれば、SexyZoneを、コンサートという場を大切に思ってくれれば、それを感じられれば良かったのだと悟った。だから、今回のツアーで、今までを否定することも美化することも無く、思い出として。赤い薔薇に誓って、その棘が刺さろうとも、”未知”を歩いて行ける予感がする。さようなら、"あの日"。真っ直ぐに彼らを見ていける。5年後にどんな思いでブログを書くのかは分からない。けれど良い思い出が積み重なっていますようにとただ願っている。

 

 

 

 

 

ベルフラワーの花束を。

 

読んでほしいとは思ってない、けど、どうしても留めておけなくて書きました。

 

髙橋颯くんへ。

 

19歳のお誕生日おめでとうございます。良い1年になりますように。そしてこれからあなたが思うがままに生きていけますように。

 

嵐の「君だけを想ってる」という曲に、私の好きなフレーズの1つがあります。

君に自慢できるような毎日じゃないけど

君だけを想ってること誇りに生きて

 

この2行、まるで私のことかな?って思うから。

 

私はほんとにダメダメなファンでした。私生活でもヲタ活でも。颯くんは意思が強いって分かってるのに大学進学しても続けてくれるものだと勝手に思ってたし、ハニバタ行くことは叶わなかったし、もっと早く録画機器を揃えられてたらもっと映像を手元に残せておけたのにって思ってるし、ファンレターの返信いらないって一方的に送り続けてきたけど、やっぱり住所書いときゃよかったなとか今になって思っちゃってる。悔いなく応援できた、一緒に駆け抜けてこれたって思う気持ちに嘘はないけれど。そして笑顔で送り出したいのに、もっともっとあなたの姿を見たかったって、踊って欲しい曲も歌って欲しい曲もあったって思っています。これらは全て私の気持ちの問題ですけどね。

 

自分に自信はない、けれど努力しようという気もあまり無い、そしていつまでもたらればに苛まれる私にとって、努力し続けていて自分で決断できる颯くんは眩しくて、凄い人です。ひたすら尊敬しています。素敵な考え方も、捉えどころが無いところも、踊りも、歌も、全てが大好きです。知っているだけでも色々なことがあったし、ファンが知らないところでも色々なことがあっただろうけれど、そしてまだ思い出にはしたくないしできないけれど、応援してきて本当に楽しかった。色々な感情を教えてくれた。たくさんの人と出会えた。本当にあなたは最高のアイドルであり、誇れる自担です。

 

あなたが私たちファンにくれた青春以上のものを返せていたのかは分かりません。ただ、アイドルをやって良かったと思っていてくれたら、そしてこれからもファンでいてもいいのなら、それ以上に嬉しいことはありません。どうか体に、そして悪い大人にだけは気を付けて。あなたの人生に幸あれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

髙橋颯くんを応援してきて。

気持ちの整理が少しだけついたので。ただの独り言と回顧。

 

髙橋颯くんが、自担が、退所した。どんな状況でも載せてもらっていた3誌にいなかったときにはもう覚悟していたけれど、ファンレターのお返事が届いたツイを見たときはきつかった。今の状況を鑑みると颯くんの判断が正しいという冷静な気持ちと、私はジャニーズが好きだから、ジャニーズの颯くんを見たかった、歌って欲しい曲も、踊ってほしい曲もまだまだあったし、何より雑誌だけでも、毎月颯くんの姿を見ていたかった気持ちでぐちゃぐちゃで。

私が颯くんの担当になったきっかけははっきりとは覚えていない。微笑年として雑誌に載った5人(Sexyのちびーずと岸颯)を好きになったのはうっすらと覚えている。いつの間にかその5人を目当てに雑誌を買いはじめ、JJLを見、あれよあれよとSexyZoneがデビューし。気づいたら颯くんだけの切り抜きファイルを作り、参加したPVが揃い始めていた。でも決定的に自覚したのは、2012年のセクゾの春魂だった。1st行けなかったし城ホだし立ち見だし…そんな気持ちを吹き飛ばしてくれたのが颯くんだった。立ち見でも颯くんとすぐに分かる踊りや動き。誰よりも輝いて見えたとき、これが担当なのかと分かった気がした。

何も考えず楽しかったのはその時期くらいかもしれない。きしふうじぐれあむかおるのことを6人だけど神7ってファンの間で勝手に言ってたり。地方学生にはありがたいことにTVで見れたり。それから色々あって、JJLが終わったり、シンメが解体されたり、でもCMやドラマを頂き、またシンメを失って。推されてんのか推されてないのか分かんなくなって。リハにはいた舞台に幕が空いたらいなかったり。謎な立ち位置で急にクリエ公演に出たり。そんな状況の中で、他の子に対してなんでやる気の無い子がこんないい位置にいるんだろうって思ってしまうこともあった。ファンの方も、推されている子に降りて行ったり何も言わずいなくなった人もいた。何度も何度も、今颯くんが20代だったら、中学生だったら、ユニットに入ってくれたら。そんなたらればばかり考える時もあった。

 

けれど、いつだって颯くんが最高だったから、どんな状況でもパワーアップしていてくれたから、やれるだけのことはやろうって思えた。ファンレター書いて、毎月雑誌買って、アンケートを書く。普通のことかもしれないし、たったそれだけってことかもしれないけれど少しでもやりたかった。Jr.大賞の入賞者ピンナップやカードになる順位が毎年変わって怒ったりしたのが懐かしい。もう毎月発売日待つことも無いんだなあ。近況や、ぶっ飛んだ颯くんの考えに驚いたり、感心したりすることももう無いんだな…

私が颯くんのいるステージを実際に見れたのは、たった7回。最後になってしまったハニバタにも行けなかった。それだけは後悔している。けれど見れた1回1回が宝物で。長期舞台の真ん中の日程でも、偉い人がいなくても、地方でも、いつでも最高のパフォーマンスで。ヘッドスピンが代名詞だったけれど、ダンスのことなど何もわからない私でも惹きつけられて、凄いってわかって、何よりも感情を揺さぶってくれる踊りが大好きで。歌もどんどん上手くなっていた。曲を作っているって雑誌で言っていたけれど、それをきちんと形にしてクリエで披露してくれた。

 

fufufuxyz.hatenablog.com

 

近況や考えていることをきちんと雑誌で伝えてくれていた。どこまでもファン思いで、自分のパフォーマンスに誇りを持つアイドルの颯くんに、そして同年代の学生としても、好きとかそんな次元じゃなくただただ尊敬している。これからもずっと。表舞台にいてくれるのなら、悪い人たちに利用されない限りはどこへでもついていくって覚悟までしたくらいに。そして、颯くんのファンでいて楽しかったことに感謝の気持ちでいっぱいだ。セクゾと初期セクバに出会えたことは一生の宝物です。颯くん、最高の青春を、ステージをありがとう。これからの人生が幸多きものになりますように。

初めてジャニーズWESTのライブにお邪魔した話。

別所でブログをやっていた時から、担当以外のライブに初めて行った時は感想を残すことにしている。と言ってもJ-ticketが無くなって気軽には行きにくくなったり、Jr.の担当が幕が開いたらいたー!チケット探さなきゃー!も減ってしまったので久々だが。 

 

さて。ジャニーズWESTとしては初めてだけれども、WESTメンバーがいるコンサートには1回だけ行ったことがある。それが2013年関西ジャニーズJr.全国ツアーの石川公演。公演自体は楽しかった。曲も良いしコントも面白かったし。けれども、正直言うとファンがなんだか殺伐としていたなぁ...と言う印象が強い。色々と変動している時期だったし、石川はサンダーバードで関西から1本、学生はテスト期間だった(私もロビーで必死に翌日の試験範囲を詰め込んでいた)ということで強いヲタクが集まっていたからかも知れない。本多の森ホールの周りのお店事情的に、ロビーで待つか開演ギリギリに来るかの二択だったのだが、ロビー内で待っていたらそこかしこから聞こえて来る別のヲタクやら推しユニ以外の子たちについての色々な会話...。開演前のコールをどこかの集団が始めた時、隣の席の人たちが「やり方違う。潰そう。」と違うリズムでやり始めた時は素直に凄いなぁと思った。だからその後も、さらにカウコンからデビューまで色々あったけれどメンバーもその時見たヲタクも幸せだと良いなぁと願いながらずっと見ていた。

 

 石川公演から約4年。ジャニーズWESTがどんなグループになっているのだろう、どんなコンサートをやるんだろうという興味がずっとあって、情報局枠があってくれたお陰でやっと行くことが出来た。結論から言うと最っ高に楽しかった!!!!!!!

7人とも美人さんになってたというか綺麗になっていたというか光っているというか。コンサートも集中が切れるところ、一瞬現実に戻ってしまう隙間の時間がまっっったく無く、無駄な動線も無く、やりたいことを詰め込みすぎて結局何がやりたかったのだろうと思うことも無い綺麗な流れ。文句無しにカッコイイ衣装。センスの良い映像。高い歌唱力。こりゃ何回も入りたくなるなぁと。そして、7人がジャニーズWESTというグループとして存在し、ファンの方も同じ振り付けや掛け声で歌い踊り、ジャニストコールをする光景を見て感激した。(本番中はそんなことを思う暇もなく踊って双眼鏡で見ていたけれど。)

最後に...最後のは一本締めじゃなく一丁締め(もしくは関東一本締め)だよ!!!気になったのそこだけだよ!!ほんと楽しかった!!!FC入ります!!!!

セク鬱と私にとっての"あの日"

 
2013年3月26日。私は福岡サンパレスにいた。Sexy Zone Japan tour初日1部。追加公演での当選で入るのはツアーに入るのはこの1回のみ。高校受験を終え1年ぶりの現場。帰省も兼ねた遠征でかなりテンションが上がっていた。入れるだけでありがたかったし幸せだった。何が起こるのか、そしてこれがその後2年以上も続く苦しい期間の幕開けになるとも知らず。そして心に引っかかり続けることになるとも知らず。
 
さて。
私はその時会場に早めに着いた。キャリーケースを引っ張った派手な格好のヲタクと隣の会場であった九州大の卒業式の晴れやかな学生たちが混じりあう景色がとにかくカオスだったことをやけに覚えている。グッズ列に並ぶが異様に進まない。原因が分からないが異様に進まない。開場ギリギリになっても買えない。対応も悪いので列のイライラ度合いは高まっていた。私の後ろ3列でなぜか列が遮られた。え?と思いつつ買ってブースを出たところでアナウンス「開場するので一旦グッズ販売を停止します。1部の方はロビーで買えます。」
 
…今までのみんなの2時間以上を返してもらえません?なんだこれ?なにこの雰囲気?嫌な予感がするけど今日大丈夫????(このとき理路整然と対応の非を指摘して啖呵を切った関西弁のお姉さまかっこよかった。)
 
結果的に全然大丈夫では無かった。嫌な予感当たってしまった。幕が開いて1人足りなかった。4人も、キラキラしてるのに残酷さが隠された登場だった。だけど私にとってこれ以上ない良席で楽しかった。担当も良い位置を貰えていて嬉しかった。でも楽しんで良いの?と頭のどこかで声がした。大パニックだった。このコンサートを私は未だに昇華出来ていない。箱推しとして辛かったはずなのに少し楽しんでしまった自分を許せないからなのかもしれないし、私が何よりも楽しみにしているコンサートで起こったことだからかもしれない。これが私にとっての"あの日"である。
 
話は飛ぶが、私がセクゾを知ったきっかけは嵐である。嵐がアイドル誌の卒業を迎える時期で、少ない小遣いから頑張って買い漁っていた。なけなしの小遣いだからそれ以外のページも読み込んだ。そしてがっつり同年代だった微笑年(自担に撃ち抜かれた)やジャパハイなどちびーずやセクバとなっていく子たちに興味を持つようになる。(まさかすーぐデビューするとは。)
 
今思うと、嵐大ブレイクの過程に嵐ファンになった私は新規コンプレックスはほとんどなかった(デビュー時に物心付いてなかったのでファンになるのは物理的に無理だったという諦めがつけやすかった。)
 
けれどもその代わり、"Jr.黄金期"や"ブレイクまでのストーリー"を追体験してみたいという好奇心と憧れ、それが結果的に"完全同世代のデビュー組"を求めていたように思う。Jr.の時期から知っていて自分と同い年のメンバーがいる、そんな風に条件が揃っていて…まあそれを抜きにしても"時代を作ろう"なんてキラキラ王子様に歌いかけられたらどうなると思いますそりゃ推すよね←
(個人的に、その時期本当に色々と辛いことが重なってしまってあまり記憶がないのと、あっても断片的だったり時系列がぐちゃぐちゃだったりするのだがセクゾのことだけは覚えてるしCDやら雑誌やらも抜けなく買ってある自分が怖い。)
 
なぜ私がセク鬱、メンバーの不安定化、ファンサ魂を嫌うのかというのはこのように嵐育ちが影響しているだろう。しかし、嵐とセクゾを重ねたことは一度も無い。(藤原ゆか先生の漫画CRASH!で、ALFAとCRASHを見ている花ちゃん的心境だったと言ったら1番近いかもしれない)
それよりも同い年の子、一番良い時期で成長できる時期の子が雑に扱われているというこれまた辛いことばかりだった自分に重ねた憤りの方が大きかった。2人だけでなく矢面に立たされる3人のことを考えてやりきれなかった。(直球のソロ曲を書き続けた赤色の彼にとっての"あの日"はいつなんだろうか。)またJr.担としてシングルを買わざるをえなかったりする状況にも疲れていた。なんで現実を忘れて癒してもらうはずのアイドルで苦しむんだろうなんでお金使ってんだろうとふと思ってあほらしくなることもあった。自担もセクバから外れたりしたのでそのまま離れても良かったのかもしれない(自担もまあまあ苦しい状況が続いているので私の中高のヲタ活はなんだったんだ感はある)
 
しかし文句も言って離れかけてでもなんだかんだ見続けていたのはどうしても諦められなかったからだと思う。彼らが大ブレイクすることを。5人揃って大きくなることを。
 
ウェルセク魂に行って、当たり前の光景が当たり前に楽しめたことに泣いた。彼らのブログやらソロ曲からもうぐちぐち言わず前を向こうぜというメッセージはわかっている。だから封印しておこうと思ったけれどやっぱり思い出してしまう。これがいつか昇華出来ることを願いながらこれからもひっそりと応援しようと思う。
 
 
 
 
 

「今を咲く花」に寄せて。

私は当たらない考察をするのが好きだ。的外れな考察をして全く当たってなくてこの世は広いな~って思うのが好きだ。しかし私は歌詞の意味を深く考えることはあまりしない。もちろん好きな歌詞はある。しかし歌詞は行間が多いゆえに聴き手が自分を投影できるのだと思っていてるので…なんというか野暮だと思っていた。曲は歌詞とメロとステージの総合芸術だし~と思っているところもある。

…けれどJr.にして自担がソロ書いたって言うなら話は別やん?(おい)

ってことで感じたことを。

「今を咲く花」去るクリエDにて髙橋颯くんが披露した自作曲だ。ほぼ9ヵ月ぶりのステージ。彼がどんな思いで9ヵ月を過ごしてきたのか、それは颯くん自身にしか分からない。けれど伝えてくれたのだから受け取ろうではないか!←

自分の記憶やレポを参考にして書き出した歌詞は下の通りである。
孤独の背中に 強く強く押し付けられた僕らの宿命は桜に冷たい雨が降り注ぐよ
ぎこちなくさまよう2人 光を消しあってしまうやりきれない思いがどうしようもなく部屋に乾いてしまう
ほほえみの悲しみが大きな傷抱えてた 涙を落として目を閉じた
あなたの笑顔は儚く世界中のどんな花よりも空に掛かる虹のように君は 君は 笑った
痛みが聞こえる 手のひらにそっと包み込み 時間が止まらないように君を強く抱き締める
あなたの笑顔は羽ばたく 世界中のどんな花よりも 明日に咲く花だからもっと強く輝け

綺麗なメロディーに"孤独の背中"、"宿命"という衝撃的な言葉を耳にしたとき固まってしまった。ペンラさえ振れなかった。しかしそのワードに負けない歌の上手さ、上手さだけでない力があった。

担当としてこの9ヵ月のことをどうしてもこの曲の背景としてしまう。が、その事を抜きにすると、私は"切ないラブソング"のように感じた。あなたという代名詞や儚い笑顔もそうだが、なにより光を消しあってしまう二人とはなんて切ない…

しかし、宿命とは?"笑顔は儚く"と直接的に表現しているところもあるが、桜、笑顔が羽ばたく、虹など一貫して"儚さ"を連想させる言葉を使っているのはなぜか?あなたと呼び掛けたのに最後に君なのはなぜか?そもそもあなたとは誰のことなのか?結局この9ヵ月のことを含んで考えてしまう。

あなたとは。君とは。仲間、ファン、家族、大事な人…

けれど、私はこの曲は颯くん自身に向けたものだと思っている。

桜は卒業、旅立ち、別れ、出会いなどのイメージがある。その桜に、宿命に、冷たい雨が降り注ぐ…仕事について悩んだ、待っててくれた人のために作ったと言った彼の考える宿命が、"踊ることアイドルであることスターになること"だとしたら…うん、辛すぎる()

しかし光を消しあってしまうほど悩んだ二人が2番で抱き締めあっているところ(=状況と理想のギャップ?)そして最後にあなたの笑顔は輝く、明日に咲く花だからと強く伝えている。そして同じく儚いものでも、水が降り注いだ(=涙?)花から雨上がりの虹へ展開していくところにも希望が感じられる終わりになっている。…と感じる。


このように解釈した私には颯くんがこの曲を仲間に見守られながら、しかし堂々と披露したことは大きな大きな出来事だと改めて思う。最高のアイドルで最高の自担な颯くんのこの9ヵ月が、いつか必要な期間だったと振り返れるようになりますように。アンコールでのサクラ咲ケで"今蒔けば種花咲かす"を歌っていた姿をふと思い出して。

クリエD5/8昼公演覚え書き4


アンコールまで来たよ~辿り着くまで長かったよ~

*Can do Can go!

アンコールだから仕方ないけど踊って欲しかった…!と言いつつも顔ぷくっとさせる颯くん見れたからおーるおっけ~←

そして記憶が正しければれあむがもう1回お立ち台でなんかやってましたよねちらっとみてびっくりした()

サクラ咲ケ


最高な時間が終わってしまうと思ったのかなんなのか自分でも分からないけど目に焼き付けようとするのに泣いてしまったサクラ咲ケ。"右をならえ~"は間に合わなかったけれど、"今蒔けば種花咲かす~"からのサクラップを飛ばさずやってくれたことも嬉しかったが、颯くんがそこをちょっと歌ってたのが嬉しかったしどんな想いなんだろうって勝手に思って泣いたのかも知れない。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

やっと公演全て書き終わった…←

今回クリエに入って10人丸っと、そして10人で作り上げたあの空間が大好きになった。発音良いのに英語聞き取れなくてごめん、そして彫刻さに拍車がかかってるあむ。白さとピアスとオタクを見る目に死んだ嶺亜様。美形過ぎてお立ち台で接近するよりもステージにいてくれ!ってなったぽんさん。生で見たら実はかっこよかった村木。りんねはテレビで見たまんまでりんね妖精。当日のTwitterをまとめたのでテンションのおかしさは目を瞑ってもらいたいが、私の目から見た5人の姿は本当に輝いていた。

セトリも流れも良く、一本のコンサートとして本当に楽しかった。語彙力が無いのが恨めしいのでシンプルに締めたい。


クリエD最高!